“冷やし甘酒”って何?

ご訪問いただきありがとうございます!

 

2021年春〜秋
オンライン中華料理教室開業
を目指す

元銀行員ぷーあるです
 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

******

読者様より

夏場には 

“冷やし甘酒”なるものがありますが…?”

とのコメントをいただきましたので

その疑問にお答えしたいと思いますニコニコ

“甘酒”というと

温かくてお正月門松に飲むもの

というイメージがある方が

多いのではないでしょうか?


ちなみにお正月に飲む”甘酒”は

昨日の記事でも書いた

酒粕を水で溶き、砂糖で甘みを調整した

“酒粕甘酒”であることが多いと思います



米麹から作られる“米麹甘酒”もともと

疲労回復に必要なビタミンBだけでなく

食物繊維オリゴ糖なども多く含み

栄養価が高いため

江戸時代から疲労回復や熱中症防止のための

夏の栄養ドリンクとして

古くから日本人に愛されてきました


俳句の夏の季語“甘酒”

あるのはこの名残です風鈴


そして


本題の

夏場に店頭に並ぶ

“冷やし甘酒”について!


メーカーにもよりますが

基本的には中身の成分は同じ

冬は、夏はのパッケージに

変わっていることが多いようですびっくり


“おいしさそのまま衣替え”

なんて書かれているメーカーも!

これは販売促進のための企業戦略

というところでしょう上差し


中には

冬用の商品には“生姜”

夏用の商品には“食塩”

プラスされていたりと

成分が違うバージョンもあります◎



昨日から何度も申し上げますが

酒粕を水で溶き、砂糖で甘みを調整した“酒粕甘酒”  

or

米麹から作られる“米麹甘酒”

(近年、健康効果で話題になっているのはこちら!)

かは商品の成分表を見て購入してくださいね!


こんな冬の寒い日には❄️

温めて飲むと身体の中から

温まり風邪予防に効果的です!

手作りの米麹甘酒は60℃以上に温めると

酵素が死んでしまうので注意して温めてくださいウインク

以上、“冷やし甘酒”

疑問についてお答えしました!


本日も最後までご覧いただき

ありがとうございました音符


また明日!

—–

タイトルとURLをコピーしました