Advanceコース 美・点心

Advanceコース美・点心

Advanceコース美・点心とは?

Advanceコース美・点心レッスンのメニュー

塩漬け卵黄~咸蛋黄~

流れる糀カスタードまん~奶黄流沙包~

 

塩漬け卵黄~咸蛋黄~

流れるカスタードにかかせないのが、
咸蛋黄(シェンダンホァン)という
アヒルの塩漬け卵黄

市販のアヒルの塩漬け卵を
使うかどうか悩みました。

というのも生徒さん側に
立って考えてみると
あまり馴染みのない食材なので
下記のように感じるのではないか
と思ったからです。

✔アヒルの卵に抵抗がある。
✔手に入れるが大変そう。
✔たくさんの量を一度に使いきれない。
ということで鶏の卵を使って、
手作りをすることに決めました。

まるで宝石のような輝きではありませんか?
こちらは最後に乾燥させる前の状態です。作るのに数日かかりますが、
放っておくだけなので、
技術は必要ありません、ご心配なく。

流れる糀カスタードまん~奶黄流沙包~

生徒さまより熱いリクエストを
いただいたメニューです。

台湾で食べたトロッとした
カスタードまんが忘れられなくて、
このカスタードまんを食べるために
台湾に行きたいくらい。

ということをお伺いしまし、
その「点心への愛」をしかと受け止め
きっとできると信じて作って
みることにしました。

初めての試作の写真はこちら。
普通の餡に比べたら
ドロッとはしているけれど、
流れるまではいかず…。

それから、何がダメだったのか?
いくつか改善点を予想して
試作すること数回。

つ、つ、ついにカスタードが
トロっと流れました。

味も調整して、
うんまぁ~!
思わず3個連続で食べちゃいました。


冷凍したりするとどうなるかの
検証などはこれからですが、
ひとまず、流れるカスタード餡
レシピが完成しました。

餡もさることながら、
皮もツヤツヤでふっくら。

来客時、パーティなどで出せば、
喜ばれること間違いなしの点心です。

発酵ハムスイコー~咸水角~

発酵ごま団子~芝麻球~

発酵ハムスイコー~咸水角~

蒸籠は使いませんが、
こちらも生徒からのリクエストです。

ハムスイコー食べたい!

というお声があり、
ハムスイコーの皮ごま団子の皮が同じなので、
このタイミングで作っちゃえ!
煎炸点(揚げ点心)2種としました。
どちらもグルテンフリーです。

そもそもハムスイコーって何なの?

とご存じでない方もいらっしゃる
と思いますので、ご説明したいと思います。

先ほどよりハムスイコーと呼んでいますが、
これは「咸水角」の広東語読みです。

(ハム)はしょっぱい味付けを表しています。
(香港や広東省の漢字では、「鹹」です。)

めちゃくちゃ細かい話になりますが、
日本ではスイコーと言っていますが、
正式には、seoi2gok3(ソュゴック)です。

香港や広東省でハムスイコーと言っても
通じないと思いますが、
基本的に紙にチェックして
注文することが多いので漢字だけ
覚えておけばいいですね。

この点心の名前の由来は調べても
わからなかったのですが、
水牛の角に似ているからかな?
と個人的に考えています。

揚げもち餃子で
お餅でできたピロシキみたいなものです。

その味は、一度食べるとハマってしまいます。

少し甘いモチモチとした生地と
中の餡のしょっぱさの
コントラストが楽しい点心です。

先に言っておきます。
このハムスイコーは
包むのが難しい!

まん丸でなく、
ラグビーボールような形です。

私自身もしばらくぶりに作ったので、
包み方をすっかり忘れており、
最初の3個は迷いが出てしまって
なかなかひどい仕上がりです。

私でもこのレベルなので、
みなさんも安心して臨んでくださいね。

冷凍してお楽しみいただけます。

 

発酵ごま団子~芝麻球~

ごま団子は説明する必要がないくらい
馴染みのある点心ですよね。

モチモチの皮と
ちょっとトロッとした黒ゴマ餡が
絶妙で手が止まらなくなります。

アツアツが美味しい点心ですので、
ぜひ揚げたてをご賞味ください。

こちらも冷凍可能です。

黒ゴマ餡は、ココナッツ団子の
餡にしても美味しいと思います。

スープ溢れる発酵小籠包~小籠包~

春菊のニンニク塩糀炒め~蒜蓉炒茼蒿~

スープ溢れる発酵小籠包~小籠包~

知らない人はいないであろう、
超有名点心、小籠包です。

実は私のFacebookの背景画像が
小籠包で、それをご覧いただいて
受講を決めれた生徒さんが
いらっしゃるのです。

その方にとっては、
念願の小籠包ですね。

定番の白だけでもいいのですが、
ピンク色など他の色もあると
彩りがキレイになって、おススメです。

小籠包というと下の写真のように
てっぺんが空いているものと
しっかり閉じられたものがありますね。
両方の包み方をお教えします。

てっぺんが空いているタイプは、
このように蒸してから「とびっこ」などを
乗せると華やかになりますよ。

小籠包はなんといっても、
溢れでるアツアツのスープが特徴ですよね。

蒸籠の蓋を取った瞬間の湯気はもちろん、
小籠包にお箸を入れた瞬間に溢れ出る
スープをほおばった時の
感動を皆で分かち合いましょう!

春菊のニンニク塩糀炒め~蒜蓉炒茼蒿~

付け合わせには、
春菊のニンニク塩糀炒めを。
春菊には、牛乳以上のカルシウムや
βカロテンが豊富。
そして、春菊独特の香りは
自律神経に作用して
食欲の増進や咳を鎮めるなどの
働きがありますよ。

火を入れると、
150gペロッと食べられちゃいますよ。

Advanceコースレッスン料

各26,400円(税込)
1レッスンあたり8,800円(税込)

リピート割引

7~9月のAdvanceコース受講の方

コースレッスン料
通常価格 26,400円(税込) 
→ 25,000円(税込)

Advanceコースレッスン日程

①第3日曜 夜クラス
(10/16、11/20、12/18)

②第3火曜 昼クラス
10/20、11/15、12/20)
※10/18(火)→10/20(木)に変更しています。
10/20がご都合の悪い方は、別日に振替えますので、
お知らせください。

昼:10:00-12:00
夜:16:30-18:30

申込・お問合せ方法

LINE

・Advanceコース日程の番号
・申込動機
を入力の上、送信下さい。
お問い合わせもこちらからどうぞ。

※申込フォームより入力が楽です。

申込フォーム

下記フォームより必要情報を入力の上、
お問合せお申込下さい。

Advanceコース美・点心レッスンを申し込む

注意事項

レッスンに含まれるもの

・レシピ
・復習動画
・Zoomレッスン
・質問権(3ヶ月の受講期間中いつでも)

キャンセル・振替について

やむを得ず予約しているレッスン日に
ご参加できない場合、
同じ月の他のクラスへの振替が可能です。

ただし、同じ月の他のクラスに
空きがある場合に
限るもので、
振替を確約するものではありません。
できるだけお申込日程で
ご参加できるよう
日程調整
いただきますようお願い申し上げます。


▶レッスン日の3日前までにご連絡の場合

他のクラスに空きがあれば振替が可能です。
例)土曜にレッスン→水曜中にご連絡下さい

▶レッスン2日前以降にご連絡の場合

振替をお受けすることができませんので、
ご欠席とさせていただきます。
例)土曜にレッスン→木曜以降の連絡は×

※ご欠席の場合は、
翌月に
お送りする復習動画をご覧ください。
(ご自身でお作りいただいた後、
LINEでのご質問は随時お受けしますので
お気軽に
ご質問ください。)

※ご入金後のレッスン料は、
いかなる場合もご返金は
いたしかねますのでご了承下さい。

注意事項

女性の方限定のレッスンです
・レシピの転写・複製、他人への譲渡、無断での商用利用は、固くお断りいたします。

レッスンの流れ

Step1.お申込・ご入金

LINEで希望のクラスをお送りいただくか、
もしくはコースレッスン申込フォームより、
クラスを選択の上お申込ください。

受付後、支払先銀行口座または、
クレジットカード(Paypal登録必要)
のご案内を別途メールにてご連絡します。

ご指定日までにご入金、決済ください。
※ご指定日までにお振込みまたは、
決済いただけない場合は、
キャンセルとさせていただきます。
※銀行口座振込手数料はご負担ください。

Step2.レシピ送付

お支払完了後、レッスン当日約2週間前に
PDFレシピとZoomのURLをお送りします。
PDFレシピには代替・代用品を記載しておりますが、
苦手な食材などがあれば、ご相談ください。

Step3.材料の購入

レシピをご一読いただき、
当日までに材料など必要なものを揃えてください。

レッスンをスムーズに進めるため、
レシピに記載の「下準備」をレッスン当日までにお願いします。

Step4.レッスン当日

Zoomのオンラインレッスンです。
PC、タブレット、スマホなどでご参加下さい。
レシピ記載の道具・調理器部・材料の準備をお願いします。
ご予約時間になりましたら、
お送りしたURLをクリックして専用のルームにご入室下さい。
ルームは10分前からオープンしています。

Step5.完成、試食(自由参加)

お料理完成後、質疑応答にお答えして一旦解散です。
お時間の許す方は、そのまま試食しながら
講師・参加者同士とフリートークで懇親を図ります(20~30分程度)。
「美味し~い」を是非共有しましょう!

Advanceコース美・点心レッスンを申し込む

 

過去のメニュー

発酵桃まん~寿桃包~

 

甘糀ココナッツ団子~糯米滋~

 

発酵桃まん~寿桃包~

 

 

 

 

 

 

 

 

中国語では「寿桃包」もしくは「寿桃」といいます。

小麦粉で作った皮に餡を包み蒸しあげて作ります。

餡は、小豆餡蓮の実を使った餡
が使われることが多いです。

レッスンまでに、
発酵あんこ(こしあん)
作っていただきます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

今では業務用スーパーで「桃まんじゅう」
として購入することができますが、
やはり手作りは安心ですよね。

色付けは、食紅ではなく「紅麹」で。

手のひらに乗せると
可愛さがさらに協調されますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

甘糀ココナッツ団子~糯米滋~

 

 

 

 

 

 

 

 

もちもちとした食感
ココナッツファインをまぶした
小さなお団子です。
こちらは嬉しいグルテンフリーです。

皮を成形してから蒸します。
中は桃まんと同じ発酵あんこを使います。

お好みでドライフルーツを発酵あんこに
混ぜてもいいですね。

桃まんもココナッツ団子も冷凍保存可能ですので、
沢山作っておくと、

✔急なおもてなし
✔ちょっと小腹がすいた時

に重宝すること間違いなしですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

発酵ニラ饅頭~韭菜煎包~

 

カボチャの発酵焼ビーフン~金瓜炒米粉~

発酵ニラ饅頭~韭菜煎包~

 

 

 

 

 

 

 

 

皮は小麦粉を使わないグルテンフリーです。
半透明の皮から中の餡が透けて美しい
皮がカリッと餡のエビがプリッ
お肉がジューシーな点心です。

皮作りと、包餡がポイントです。

グルテンがない皮は、
小麦粉の皮に比べると扱いが難しいですが、
作りあげた時の感動は計り知れません。

色白で眺めているだけでうっとりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

プルプルに蒸して、
この後はフライパンで軽く
焼き目を付けて完成です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

皮は薄めで、餡がたっぷり。

中からジューシーな肉汁が
ピュッと出てくるので、
やけどに気を付けて下さいね。

カボチャの発酵焼ビーフン~金瓜炒米粉~

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾で食べられている
カボチャを使ったビーフンです。

発酵調味料で味付けすると
カボチャの甘みと相まって
うまみがじわっと感じられます。

発酵チャーシューまん~叉焼包~

ヤンチュン麺~陽春麺~

チャーシューまん~叉焼包~

 

 

 

 

 

 

 

 

甘じょっぱいトロッとしたチャーシュー
が入ったみなさんよくご存じの点心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

肉まんとは違う3つに割れたフォルム。

この割れ目を作るのが最大の難関!

通常は老麺(ロウメン)という
1日から数日をかけて寝かせた生地や
アンモニアパウダーなどを加えて
膨張する力で割れ目を作ります。

もちろんキレイに割れるのですが
ご家庭では上記の作業は負担が大きく
材料自体が手に入りにくいので、
これらの材料を使わず、
なるべく手に入りやすい材料で作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

お店のような中から美味しそうな餡が
はみ出る見た目のものはあえて目指さず、
ご家庭で楽しめる、
手軽さと美味しさを兼ね備えた
チャーシューまんに仕上げていきます。

ヤンチュン麺~陽春麺~

 

 

 

 

 

 

 

 

上海や蘇州などの江南地方の
具なしの麺です。

スープはしょうゆベース。
本場ではラードを使ってコクをだすのですが、
その代わりに簡単ネギ油を作り、それで代用します。
ネギのいい香りとコクがプラスされます♪

麺はちぢれではなく、ストレート麺。
スーパーで手に入るモノを使います。

食べたい!と思いったったらすぐ作れるのが、
この麺のいいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました