甘酒はいつ飲むと効果的なの?

ご訪問いただきありがとうございます!

 

2021年春〜秋
オンライン中華料理教室開業
を目指す

元銀行員ぷーあるですニコニコ
 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

******

 

前回まで見逃された方はこちら

↓↓↓

“甘酒”女性に嬉しい4つの効果

“冷やし甘酒”って何?

 

“甘酒”を生活に

取り入れてみようと思っている方!


米麹甘酒

アルコールが含まれていないので

昼夜問わずいつでも飲めます◎

※酒粕甘酒にはアルコールが含まれていますのでご注意下さい!

 

「甘酒っていつ飲んだらいいの?」



「甘酒を効果的に飲みたい!」

「一度にどれくらい飲んだらいいの?」…

 

と色々疑問に感じることがあると思います!

 

ということで

 

今日は

「甘酒の飲むタイミングと注意点」

についてお話していきますね!

その前に!

 

甘酒は栄養価が高いことはわかっているけど

そのカロリーはどれくらいなのか気になりませんか?

朝に飲みそうな飲み物で比べてみましょう!

 

食品成分表より(100gあたり)

 カロリー糖質食物繊維蛋白質
甘酒81kcal17.9g   0.4g    1.7g
牛乳67kcal  4.8g   0.0g    3.3g
飲むヨーグルト65kcal12.2g    0.0g    2.9g
     
    

甘酒は他の飲み物より栄養価が

優れていそうな感じもしますが

“カロリー”“糖質”が高いのがわかりますね!

 

適正量を超える量を摂取してしまうと

飲むことで太ってしまいます

 

1回あたりに飲む量は50ml〜120ml程度にして
多くても1日200mlまでにしておきましょう!

 


で、



本題の「いつ飲むか?」

ですが3つの目的に分けてご紹介します!

 

◆エネルギー補給

<朝>

甘酒の20%以上はブドウ糖

ブドウ糖は脳や体の栄養源であり

かつ体内に吸収されやすく

すぐにエネルギー源となってくれます
寝ぼけた頭と体を起こすのにピッタリ!

<空腹時>

朝だけでなく、お腹が空いたときに

飲んでもいいと思います!

◆ダイエット

朝食、昼食、夕食のどれかを

甘酒に置き換える

大幅なカロリーダウンになります


また甘酒のビタミンB群が作用して

代謝アップが期待できます

 

◆リラックス

甘酒に含まれるブドウ糖成分が

疲れた脳をリラックスさせ

睡眠の質を上げてくれるサポートをしてくれます

< font size="2">寝つきの悪い方にも甘酒はおススメです
 

ということで

3つの目的に分けて紹介しましたが

私のおススメは朝に飲むこと!


私の勝手な感想ですが

目がシャキーンとなります

頭がよく働く気がしますニヤリ


私はヨーグルトに甘酒をソースとしてかけて

毎朝食べています!

砂糖を入れなくても十分甘味がありますよ◎

 

何度も申し上げますが

基本的には米麹甘酒は

アルコールが含まれていないので

いつ飲んでもOK!

 

ですが、

 

太らないためにも飲む量は

1日200mlまでにしておいてくださいね!

 

少しでも参考になりましたでしょうか?

 

今日も最後までご覧いただき

ありがとうございましたハート

 

また明日!

—–

タイトルとURLをコピーしました