私の愛用中の「米麹」をご紹介!

発酵

ご訪問いただきありがとうございます!

 

2021年春〜秋
オンライン中華料理教室開業
を目指す

元銀行員ぷーあること三村佳代です
 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

******

 

前回まではこちら

↓↓↓

今年の冬ビックリしたこと

甘酒作りに必要な「米麹」の選び方、「生」or「乾燥」?

 
昨日の記事では

冷凍室をしっかり開けて

生麹を中心に使用

(甘酒だけではなく塩麹や醤油麹も作るため

消費量は結構あるので送料無料になる量を注文)

 

常時乾燥麹をストックして

不測の事態にも甘酒を切らさない

ようにしているということをお伝えしました!

 

で、
 
私がどんな米麹を使っているのか
気になりませんか?
 
今日は使い勝手の良い
私の愛用中の「乾燥麹」
特別に教えちゃいます!
それは…
 
岡山県にある
名刀味噌本舗さんの
乾燥あま酒こうじです
500g/900円(税別)
 
ある料理教室で購入して
そこからその美味しさにはまってしまいました!
また10月に工場見学をさせていただき
3代目店主の人柄に惹かれて愛用しています
生産者の方の顔が
わかっているのは安心ですよね!
 
※写真は9月に撮ったもので
賞味期限が過去になっていますがご了承ください!
 
乾燥あま酒こうじに加えて
3種類の「無添加味噌」と「ひしお」も愛用中です!
特に”あま味噌”がお気に入り

 

パッケージに書いてある甘酒の作り方は

「米麹+炊いたお米+お水」
となっていますが
 
私は
「米麹+お水」のみで
KAMOSICOで作っています!
このあま酒こうじは608時間の加熱で完成!
(温度は55℃から段階的に試して
60℃が一番甘味が強く感じました)
そして、ほんのり香ばしさが感じられます
 
おそらく
甘酒を始めて飲む方は
 
砂糖を使っていないのに
こんなに甘いの?
 
とビックリすると思います!
 
そして
私の食べ方3選は…
①そのまま
②ヨーグルト+甘酒
③料理
 
①そのまま
     スプーンでいただきます
  この食べ方が最も甘さ、美味しさが感じらると思います
  頭を使う仕事をするにエネルギー補給として
  少し甘いものが欲しいなと思った時におやつがわり
  ぴったりですよ!
 
②ヨーグルト+甘酒
   朝は大抵この組み合わせ
   見た目はあまり良くないですが
   味は抜群に美味しいです!
  少し黄味を帯びているのが甘酒です
  ヨーグルトと甘酒で腸活を心がけています
③料理
 中華の炒め物つけダレに使っています
 甘すぎず、そしてアミノ酸のおかげで
   旨味がプラスされます 
 この辺りのお話はまた料理教室で!
 
日々好みの甘酒を探し中です!
またこれイイよ!というものがあれば
ご紹介しますね!
 
今日も最後までご覧いただき
ありがとうございましたニコニコ
 
また明日!

—–

タイトルとURLをコピーしました