焼売が黄色くなった!そのワケは…?

お悩み解決

10月のレッスンメニューを作っていたある日

蒸籠の蓋を開けてビックリ!

 

ええええー!

焼売の皮が”黄色く”なってる!

あわてて、残っていた焼売の皮を確認しました

賞味期限がきれていたのか…

 

いや、違う!

 

あっ!

 

ある重大なミスに気づきました

 

それは…

 

 

私が買ったのは、

“焼売の皮”ではなく

「ワンタンの皮」

だったのです!

 

えッ?でも焼売の皮と雲吞の皮って

両方書いてあるヤツあるよね?

 

それならいいんですが…

説明しましょう!

 

私は四角いその形から

焼売の皮だと思い込んで

買ってしまったのですが

 

実はワンタンの皮は

出来上がりがツルっと

のど越しが良くなるように

「かん水」というものを

入れることがあるのですが、

 

実は、その「かん水」は茹でると問題ないのですが

蒸すとその性質から

黄色くなってしまうのです!

 

じゃあ焼売の皮、ワンタンの皮と書いてある商品は?

→その商品には「かん水」が使われていません!

 

原材料に「かん水」

と書かれている皮は

焼売作りには不向き

だと覚えておいてくださいね!

 

味には特段問題ないですが少し苦みが感じられました。

私と同じ間違いをしてビックリしないでくださいね!

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました