マーラーカオ(蒸しパン)がうまく膨らまない原因7つ

お悩み解決

ご訪問いただきありがとうございます!

 

“食べながらキレイに”を叶える

オンライン美・中華料理教室 Éclat Shifu(エクラ シーフ)

を主宰します 三村佳代です

 初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 ********************************

 

マーラーカオ(中国蒸しパン)を作った時に

「上手く膨らまなかった」

「一回りしぼんでしまった」

「上の方がういろうみたいになってしまった」

という経験はないでしょうか?


そんなあなた、下記の原因に当てはまることはないでしょうか?

 

1.卵をしっかりかき混ぜていない

空気をたくさん含ませるように、

卵黄と卵白が一体になるまでしっかり混ぜるのがコツです

 

2.ベーキングパウダーが古い、保存状態が悪い

ペーキングパウダーは空気中の湿気にわずかに触れると

化学反応が始まってしまいます。

消費期限前でも開封後時間が経ったり、保存状態が悪いと

膨らむ力が弱くなっている可能性があるので

できるだけ新しい物を使うようにしましょう

 

3.材料を混ぜすぎor混ぜなさすぎ

混ぜすぎても混ぜなさすぎでもよくありません。

手早く混ぜダマができない程度になめらかになったらOKです。

 

4.粉を水分と合わせた後蒸すまでの時間が長い

ベーキングパウダーは空気に触れるだけでも

反応が進んでしまいます。

丁寧を心がけるがあまり、

型に流し入れるのに時間がかかったり、

すぐ蒸せる準備(お湯をたっぷり沸かす)ができていない

しっかり膨らまない原因となります。

 

私が粉を入れて、かき混ぜて、型に流し込み(8個)、

蒸籠に乗せて、蒸籠を鍋の上に載せるまでの時間を

計ってみると「3分15秒」でした!

 

5.蒸籠を鍋に乗せる時に蒸気が上がっていない

マーラーカオは強い蒸気を利用して膨らませます。

最初から「グツグツ」とお湯が沸いた状態

=蒸気が十分上がっているから蒸さないと

蒸気不足でうまく膨らまないので注意しましょう

 

6.火力が弱い

最初からお湯が沸いていても、

火力が弱いとうまく膨らみません

「中火~強火」でしっかり蒸籠内に

蒸気を送り込むことが重要です

 

7.蓋の水滴が生地に落ちた

ステンレスやシリコンの蒸し器だと、蓋の水滴が膨らんだ

マーラーカオの上にポタポタ垂れて膨らんだ生地が水分を

含んで硬くなってしましますので、

蒸し布を蓋に巻き付けるなどして

水滴が落ちない工夫をしてください。

 

ということで、上記原因をクリアして

ふっくらしたマーラーカオを楽しんで下さい♪

今日も最後までご覧いただきありがとうございました

 

◆LINE公式お友だち募集中!

 

こちらをポチッとしていただくと

簡単にお友だち登録ができます♪

 ↓↓↓

友だち追加

 

◆三村 佳代(みむら かよ)SNSまとめ

三村 佳代(みむら かよ) lit.link(リットリンク)

—–

タイトルとURLをコピーしました