“せいろ”のすゝめ③選び方(サイズ)

ご訪問いただきありがとうございます!

 

2021年春〜秋
オンライン中華料理教室開業
を目指す

元銀行員ぷーあるです音符
 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

******

本日は

 

「”せいろ”を購入してみようかな!」
「でもどうやって選んでいいのかわからない!」

 

という”せいろ”初心者さん🔰に向けて

“せいろ”の選び方(サイズ)について

ご紹介しますね!

 

前回以前見逃した方はこちら

↓↓↓

‶せいろ”のすゝめ①10のメリット

‶せいろ”のすゝめ②選び方(素材)

 

【せいろのサイズ】

一般的にはよく売られているものは

13cm15cm18cm21cm24cm27cm30cm

約3㎝刻みで売っていることが多いです

 一般的なサイズの目安は

・1人分 : 13~21cm

・2人分 : 21~24cm 

・3人分~ : 24cm以上

 

蒸したい食材や用途によって

大きさや段数を選ぶのがいいと思います!

 

ちなみに私は

13cm15cm21cm27cm

それぞれ2段持っています!

 

私がどのように使っているかというと…

<前提>

独身(1人分)

肉まんや小籠包などの点心をよく作る

 

13cm:点心3~4つ、おこわや赤飯1人分

15cm:野菜蒸し、野菜下ごしらえ(付け合わせ等)、

             点心5~7つ

21cm:肉まん3~4つ、点心8つ

27cm:肉まん8つ、肉や魚などを蒸す

 

ここでの

肉まんは手作りなので7cm位のもの

点心は小籠包や蝦餃子、焼売などの

直径4cm位のものを想定しています!

 

 

そして、

 

 

“せいろ”初心者さん🔰に

おススメするサイズは

ズバリ…

 

「21cm」です!

 

なぜかというと

買ってきた肉まんを蒸しなおす場合

肉まんって8-9cmのものが多いんですが

18cmだと2つ並べるとギチギチなんですよ!

21cmだと少し余裕がある感じで

3つ位までならOK!

 

そして、


できれば

「2段」

購入していただきたい!


下段に蒸し野菜

上段に肉まんをのせて

一気に蒸せば

肉まんだけだと不足しがちな

野菜も同時に調理できちゃうんです!

 

もう一品 

作る手間も省けて

しかもヘルシー✨

という一石二鳥なのが

“せいろ”のいいところです!


さらに

クッキングシートを敷いて使えば

水洗いだけでOK!

片付けの手間も省けちゃいます◎ 


いかがだったでしょうか?

少しでもみなさまの参考になれば幸いです✨

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

次回は使い方について

お届けしますね!

 

また明日バイバイ

 

—–

タイトルとURLをコピーしました