蒸籠(せいろ)の選び方・使い方・お手入れ方法・魅力を中国料理研究家が独自の目線で解説

調理器具
本日のブログでは
蒸籠購入を検討されている
蒸籠初心者さんに向けて
「選び方」、「使い方」、
「お手入れの仕方」「蒸籠の魅力」に加えて
蒸籠購入を検討する当たって
疑問に感じることについて、
蒸籠を使った中華料理教室を主宰している筆者が

独自の目線で解説していきます。

 

1.蒸籠(せいろ)の10のメリット
2.蒸籠(せいろ)の選び方<素材>
3.蒸籠(せいろ)の選び方<大きさ>
4.蒸籠(せいろ)以外に必要なもの
5.蒸籠(せいろ)を使う前にすること
6.蒸籠(せいろ)の基本の使い方
7.蒸籠(せいろ)のお手入れ方法
8.蒸籠(せいろ)をしばらく使わない時の保管方法

蒸籠(せいろ)の魅力・選び方・使い方・お手入れ方法


ホワホワと白い湯気が立ちのぼり
木の温もりで食卓を華やかに
彩ってくれる蒸籠(せいろ)

丁寧な暮らしに憧れて
ずっと「蒸籠(せいろ)」
欲しいとは思っているけれど
なかなか手が出ずに
もうどれくらい経ったのか…
✔蒸籠(せいろ)をどうやって選んだらいいのかわからない。
✔蒸籠(せいろ)はお手入れが大変そう。
✔自分に蒸籠(せいろ)が使いこなせる自信がない。
✔蒸し野菜以外使い方が思いつかない。
✔蒸籠(せいろ)以外に何か揃えるものはあるのかもわからない。
✔蒸籠(せいろ)をしまう場所がない。
✔蒸籠(せいろ)は使うのが難しそう。

こんなお悩みがある方におススメの記事です。

確かに、蒸籠(せいろ)は木でできているので、
金属やシリコンなどの調理器具より
扱いが難しそうとか、
蒸し野菜以外に用途が思いつかない等

不安がありますよね。

 

実は、使ってみるとお手入れも簡単で、
蒸し野菜以外にも色々なものを
調理することができ、ヘルシーと時短を兼ね備え、
後片付けが思った以上にラクな
働く女子にとってはとっても嬉しい調理器具なのです。
また、蒸籠は食卓に置くだけで、
木の温もりが感じられるとともに、
食卓が華やかになりますよ。

1.蒸籠(せいろ)の10のメリット

①短時間で調理できる

お湯を沸かしたお鍋にせいろをのせて食材を蒸すだけ。

何段も重ねて蒸すことができるので、

たくさんの料理を同時に作ることが可能です。

②水っぽくならない

水分を補いながら食材を温めるので、

ふっくらとした仕上がりになります。

お湯で湯がいたものと比べると水切りのための時間や

キッチンペーパーが節約できます。

③栄養素・旨味を逃さない

お湯でゆがくと栄養素が流れ出やすくなりますが、

蒸すと食材の栄養分が残りやすく

本来の食材の旨味を存分に味わうことができます。

④油を使わずヘルシー

せいろで蒸した野菜は生野菜より

たくさん食べることができるので、

食物繊維などをより多く摂取することができます。

また肉や魚も油を使わなくても

非常にジューシーでふっくら美味しくなります。

⑤肉・魚料理がジューシー

お魚を蒸すとふっくらフワフワになりますし、

お肉は余分な脂が落ちて臭みが抜けます。

⑥そのまま食卓に出せる

“器”としても大活躍!

お皿で出すより美味しそうに見える!映える!

お客様がきた時のおもてなしにも◎

再度盛り付ける手間も省けます。

⑦肉まんなどがふっくら仕上がる

買ってきた肉まんなどをラップにくるんで

電子レンジで温めると

「一部がなんか硬くなっちゃった!」

なんていう経験はありませんか?

せいろなら水分を補いながら温めるので

ふわふわしっとりとした絶妙な仕上りに!

⑧ご飯やパンの温めにも使える

冷凍したご飯やパン冷やご飯や少し硬くなったパンを

せいろで蒸すと、ご飯は炊き立てのように

パンは買ったばかりの時のように蘇ります。

⑨湯気が美味しさを引き立てる

お湯を沸かせて蒸すのでせいろの中に

適度な蒸気が滞留します。

蓋を開けた瞬間にホワホワと立ち上る湯気

さらに料理の美味しさを引き立てます。

⑨後片付けが簡単

クッキングシートを敷いて使えば汚れないので

使い終わったら水でさっと洗い流せばOK。

ただしカビがはえないようにしっかり乾燥させましょう。

⑩インテリアにもなる

せいろをしまえる場所なんてないという方、

思い切って出しっぱなしというのもオシャレじゃないですか?

使いこまれたせいろも味があって◎

2.蒸籠(せいろ)の選び方<素材>

一般的に値段が手ごろな順に紹介します。 

◆杉(すぎ)

蒸し上がりにはほのかに杉の香りがします

杉は桧(ひのき)よりも乾きやすいのが

利点ですが耐久性は落ちます

香   り★★☆

耐久性★☆☆

重 量★☆☆

価    格★☆☆

◆竹(たけ)

他の素材に比べて木の香りが弱いので

素材本来の味が楽しみたい方にお勧めです

竹は杉に比べると素材が固く丈夫

抗菌性に優れているところも利点です

香   り★☆☆

耐久性★★☆

重   量★★☆

価   格★★☆

◆桧(ひのき)

蒸し上がりには桧のほのかな香りがします

繊維が細かく丈夫

木目が美しく耐久性は最も優れています

価格は他の素材に比べると最も高いです

香   り★★★

耐久性★★★

重   量★★★

価   格★★★

いずれの素材でも蒸しあがりに違いはありません!

価格のイメージ感を掴んでいただきたく

蒸籠メーカーとして有名な

「照宝」さんの商品で比較してみました

(巷で売られている商品はここまで高くないのでご安心を)

21cm(目安:2人分)/1段(2021年10月22日現在)

杉 1,080円

竹 2,255円

桧 6,220円

なんと!

杉と桧では約6倍の差!

“蒸籠”初心者さん🔰におススメする素材はズバリ…

「杉」です!

軽くて乾きやすくて杉のほのかな香りが楽しめる

見た目も少し艶があり凛としたたたずまい

そしてお手頃な価格!ファースト”蒸籠”にピッタリ!

3.蒸籠(せいろ)の選び方<大きさ>

一般的にはよく売られているものは

13cm15cm18cm21cm24cm27cm30cm

約3㎝刻みで売っていることが多いです

 一般的なサイズの目安は

・1人分 : 13~21cm

・2人分 : 21~24cm 

・3人分~ : 24cm以上

蒸したい食材や用途によって

大きさや段数を選ぶのがいいと思います!

ちなみに私は13cm15cm21cm27cm

それぞれ2段持っています!

私がどのように使っているかというと…

<前提>

独身(1人分)

肉まんや小籠包などの点心をよく作る

13cm:点心3~4つ、おこわや赤飯1人分

15cm:野菜蒸し、野菜下ごしらえ(付け合わせ等)、

             点心5~7つ

21cm:肉まん3~4つ、点心8つ

27cm:肉まん8つ、肉や魚などを蒸す

ここでの

肉まんは手作りなので7cm位のもの

点心は小籠包や蝦餃子、焼売などの

直径4cm位のものを想定しています!

“蒸籠”初心者さん🔰におススメするサイズは

ズバリ…

「21cm」です!

なぜかというと

買ってきた肉まんを蒸しなおす場合

肉まんって8-9cmのものが多いんですが

18cmだと2つ並べるとギチギチなんですよ!

21cmだと少し余裕がある感じで

3つ位までならOK!

そして、

できれば

「2段」購入していただきたい!

下段に蒸し野菜を、上段に肉まんをのせて一気に蒸せば

肉まんだけだと不足しがちな野菜も同時に調理できます。

もう一品 作る手間も省けてしかもヘルシー✨

という一石二鳥なのが”蒸籠”のいいところです!

4.蒸籠(せいろ)以外に必要なもの

もくもくと立ち上る熱々の蒸気で調理する”蒸籠蒸し”

調理するために”蒸籠”以外に必要なものは何でしょうか?

そう!蒸気を発生させるお湯ですね!

「その鍋は何でもいいの?」

と思われた方さすが!鋭いです。

せいろをぴたっと固定させることができる

専用の鍋も販売されていますが

数種類のサイズのせいろを持っている場合

専用の鍋をサイズ違いで揃えるのは

金銭的にも置き場所にも困りますよね

安心してください◎

ご家庭で使われている鍋を使って

蒸籠蒸しを楽しむことができます♪

鍋によっては直接せいろをのせるとぐらついたり

せいろの底が焦げてしまうことがありますアセアセ

その悩みを解消して安全にそして汎用的に使える

便利なものがあるのでご紹介します!

それは、

場所を取らない「蒸し板」

蒸し板とは蒸籠と鍋の間に挟んで使う

丸い板でこのようなものです。

私は2枚の蒸し板を使い分けています

小さい方は13cm、15cm用(栗原はるみさんプロデュースのもの)

大きい方は21cm以上(照宝)

蒸し板もサイズがあるので

お手持ちのせいろの大きさに合わせ選んでくださいね。

価格はまたまた照宝さんで確認すると

大きさによって1,000〜5,000円位でした!

そして、

蒸籠(せいろ)のための鍋選び

先ほども申し上げましたがせいろは蒸気が大切!

直径が蒸し板に開いた穴より大きく

お湯がたっぷり入る深さの鍋をおススメします!

私は直径19cm、深さ13cmのIKEAの鍋を使っています!

空焚きにならないよう

これくらいたっぷり水を入れます上差し

40分強火で蒸し続けても大丈夫でした◎

このようにして使います

注意注意せいろ蒸しに向かない鍋

側面に注ぎ口がついているもの(雪平鍋など)や

取っ手がついていてせいろや蒸し板に当たるような鍋

そこから蒸気が逃げてしまいうまく調理できないので

おススメできません!

また

フライパンは調理時間が短時間(数分)

の料理ならいいのですが数十分といった

長い調理時間の料理の場合

お湯が蒸発して空だきの原因になりやすいので

私はあまりおススメしません!

5.蒸籠(せいろ)を使用する前に必ずすること

新たに”せいろ”を買ったら

使う前に必ずやっていただきたいことがあります!

それは

ついつい忘れがちな「空蒸し」

この「空蒸し」

“せいろ”に何も入れず空のまま蒸すことです!

この作業をする目的は

新品独特の匂いをとったり、

ほこりや汚れ、木のあくなどを取り除くためです!

<空蒸しの方法>

1.鍋に水をたっぷり入れ、中火~強火で沸騰させます

 

2.蒸し板を鍋の上にのせます

 

3.蒸し板の上に”せいろ”をのせ(蓋含む)15分蒸します

※空焚きにならないように注意してください!

4.少し冷えたら出てきたほこりや

  木のカスなどを水で洗い流します

 ※空蒸し直後は熱々なのでやけどに気を付けてください!

5.ふきんなどで水分をふき取り、風通しのいいところで

  陰干してしっかり乾燥させてください!

6.蒸籠(せいろ)の基本の使い方

①鍋にたっぷりのお湯を沸かします(中火〜強火)

②グツグツとお湯が沸いたら 

③”せいろ”を水でさっと濡らします

   ※食材の匂いと水分が染みないよう

      鍋の熱で底が焦げないようにするためです!

④ 食材が”せいろ”にくっつくのを防ぐため

 ”せいろ”にキャベツや白菜などの葉野菜や

 クッキングペーパー、蒸し布、竹皮等を敷きましょう

 なければ、平らなお皿にのせて蒸してもOKです◎

 ※”せいろ”に直接食材をのせないことで

  食材の匂い移りやくっつきを防ぐことができるので

  せいろが長持ちします!

⑤食材を”せいろ”に入れます

⑥蒸し板を鍋にのせます

⑦蒸します

 ※食材によって蒸し時間が異なるので 

      竹串などを指して確認してください

⑧蒸し上がりは熱々なので鍋つかみ等で扱います

⑨”せいろ”の下にお皿を敷いて食卓へ!

7.蒸籠(せいろ)のお手入れ方法

 

使った後は洗剤を使わずにたわしなどで洗って

風通しの良いところで陰干しします。

 

洗剤を使うと洗剤の成分がせいろに浸透してしまいます。

直射日光に当てるのはひび割れの原因になります。

食洗器に入れるのは歪みの原因になるので厳禁です。

よく乾かさないとカビが生える原因になります。

私はフックで宙吊りにしたり

キッチンクロスの上に並べたりして

半日~1日乾かしています

8.蒸籠(せいろ)をしばらく使わない時の保管方法

新聞紙でくるんで保管してください

ビニール袋、ポリ袋に入れて保管すると

  通気性が悪くなりカビゆがみ等

  原因になるので避けてください

私のオンライン中華料理教室のコースレッスンでは

「糀で作った発酵調味料(塩糀、醤油糀、甘糀)」と
「蒸籠」を使ってヘルシーな中華料理を作ります。
これまでレッスンで作ったお料理の一部

蒸籠をすでに持っている方もいらっしゃいますが、

持っていないケースの方が多いのが現状です。

 

レッスンまでに家族構成や作る分量
どのようなものを調理したいかなどを
お聞きして公式LINEにて無料

蒸籠選びのサポートを行っております。

 

お気軽に、そしてご安心してご相談下さい。
蒸籠を使った中華料理が学べるレッスンの
次回のご案内は、11月の上旬を予定しております。
(2022年1月〜3月のコースレッスン)
受講を迷ってらっしゃる方には、
体験レッスンもご用意しております。
やってみたいなぁとは思っているけど、
なかなか動けないあなた。
 
やらない後悔は、自分の頭の中で
一生後悔として残ります。

一歩勇気を出すと、
そこにはこれまで見えなかった
新しい世界が広がりますよ!

11月上旬にご案内するコースレッスンでは
初めてのお申込み、かつ指定する期日までに
お申込をしていただいた方には先着で

「早期申込割引」を適用し、
お得にレッスンをご受講いただける予定です。

タイトルとURLをコピーしました