ビーフンの作り方 – カレー味で食欲増進!シンガポールビーフン~星洲炒米粉~

ビーフン

新年度が始まりましたね。

新しい環境に変わった方も、全然変わらないよという方も

4月といったらなんだか心新たな気分になりますよね。

 

ちょうど季節の変わり目でもあるので、

疲れやすくなる時期。

 

「ちょっと食欲がないな~」

 

という時に、カレー粉を使ったビーフン料理で

食欲を取り戻していただけたらと思い作った

「シンガポールビーフン」をご紹介します。

 

image

“糀の発酵調味料”と”せいろ”で美味しいとヘルシーを両立
ギルトフリーな中華料理で食べながらキレイにを叶えたい女性に

オンライン美・中華料理教室Éclat Shifu 主宰の三村 佳代です。

LINE公式アカウントでお役立ち情報発信中

友だち追加

 

香港のどローカルな喫茶店の味

私が中国という世界に足を踏み入れた

キッカケになった初海外旅行の”香港”

 

イギリス領であったことから

アジアと英国のモダンな雰囲気が

混ざり合ったノスタルジックな場所。

高校生だった私は、一瞬で魅了されました。

 

茶餐廳(チャーツァンティン)

いうなれば、

香港のどローカルな喫茶店。

 

香港人の日常には欠かすことのできない場所。

 

香港らしい独特の食文化が体験できる

ディープな場所だと思っています。

 

朝ごはんはもちろん、

香港独特の軽食や洋食などが食べられ、

深夜遅くまで営業しているところも多いです。

 

茶餐廳については、ここでは書ききれないので

今度、別でブログを書きますね。

 

そんな茶餐廳で出てくるメニューの中で

ぜひご紹介したいのが

 

シンガポールビーフン
~星洲炒米粉~

 

実は、シンガポールにはない、

香港で考案されて流行した料理です。

 

香港にはなかった異国の味

「カレー味=シンガポール」

として名前がつけられたという一説もあります。

 

シンガポールビーフンのレシピ

ケンミン食品さんの「一日一レシピ4/26」

に掲載されています。

 

今回のレシピのポイントは

「カレー粉とライム」

 

ライムがなければ、

柑橘系のレモンやすだちでも代用可能です。

この2つで一気にアジアンな味わいと香りになります。

最初は何もつけずに、途中でライムを絞って味変をお楽しみください。

 

ひと口食べると、お箸がどんどん進んじゃう。

そんな一品です♪

 

 

野菜もたくさん食べられるのがビーフンのいいところ!

 

 

カレー粉はインディアン食品さんの

「INDIAN CURRY POWDER」を使用しました。

レシピの味に近づけたい方はぜひこちらを使ってみて下さい。

 

 

本レシピで使用したビーフン

ビーフンといったら定番の焼ビーフンを

思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが

今回使った商品は、

味のついていないお米100%でつくられたビーフンです。

 

どこに売ってる?

うちの近くのスーパーに売ってるのかな?

と疑問に思われた方は、

下記のURLから販売店舗を確認することができますよ!

 

スーパーによって陳列コーナーが異なるようなので

そこも一緒にチェックしてくださいね!

“乾物”、”中華”、”アレルギー対応食”コーナーなど…

↓↓↓

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました