香港麺 – フォーで再現♪牛肉入り香港焼きそば

ビーフン

本日は、香港の茶餐廳(チャーツァンテーン)とは何か?
そして茶餐廳の定番メニュー干炒牛河(牛肉入り香港焼きそば)
のレシピについてご紹介します。

香港が恋しい方はぜひお試しいただきたいです。

image

“糀の発酵調味料”と”せいろ”で美味しいとヘルシーを両立
ギルトフリーな中華料理で食べながらキレイにを叶えたい女性に

オンライン美・中華料理教室Éclat Shifu 主宰の三村 佳代です。

LINE公式アカウントでお役立ち情報発信中

友だち追加

香港の茶餐廳の定番

茶餐廳とは?

茶餐廳(チャーツァンテーン)は、
ドリンクや、麺、ご飯類、中国料理から洋食まで
幅広いメニューが揃っている喫茶店と軽食店の
要素が両方とも入った飲食店で、
香港らしい食文化が楽しめる
昔ながらの喫茶店
です。

近隣住民や学生が朝食や夜食を食べたり、
ビジネスマンが昼食を食べたり、
ドリンクを飲んで休憩したりと、
香港人の日常生活には欠くことの
できない存在となっています。

香港人を対象にした、
最も香港らしい食文化はというアンケートで、
茶餐廳は第1位となったことがあるそうです。

私の初めての茶餐廳体験は…

2000年の夏、高校2年生でした。
私は大学で語学を学びたいと思っていましたが、
何語を選択するか迷っていました。

そんな様子を見かねた兄が、

「香港に友達がいるけど、話聞きに行くか?」

と誘ってくれたのです。

それが、私が中国という世界に足を踏み入れる
キッカケになった初めての海外旅行だったのです。

ある朝、兄が

「現地の人が食べる朝食を食べに行こう!」

と連れて行ってくれた場所が「茶餐廳」でした。

「日本にはないものやから
美味しいくないかもしれないで」

との前置きありで
写真のマカロニスープのセットを注文しました!

写真は2014年に香港で撮ったものです。

解説をしていきましょう。
※考察がマニアックすぎるかもしれませんが少しお付き合いください。

トーストとスクランブルエッグ

まず、左のトーストスクランブルエッグ
日本では一般的な朝食ですよね。

2000年前半の中国本土では、
美味しいトーストといい感じの硬さの
スクランブルエッグというのは、
外資系のホテルでないと食べるのが危ない感じでした。
(日本のように卵は生で食べることができません)

私が留学していた2005ー2007年の杭州でも、
街のお店でトーストとスクランブルエッグ
は食べたこと、見かけたことがありませんし、
日本で食べる普通の食パンと同じようなレベルの
パンにすら出会うことができませんでした。

それが、この2000年に香港では食べられていた
ということが今になってスゴイと思うポイントなのです。

1997年までイギリス領だっただけに
中国大陸にはない文化が浸透していることが
私が香港に魅了される理由のひとつでもあります。

マカロニスープ

右側の料理にご注目。
マカロニスープはコンソメ味。

このマカロニ、驚くほど
ふにゃっふにゃでコシがありませんでした。

ここまでクタクタになったマカロニは
正直食べたことはなかったですが、

このマカロニスープは
香港のマクドナルドの朝マックメニューになっている
くらい定番の朝食メニューなのです。

これが香港人の朝食なんだと思うと、
独特の文化で感慨深く、
その感情を含めて好きになりました。

香港に行けるようになったら
是非とも食べたいメニューのひとつです。

牛肉入り香港焼きそば~干炒牛河~

そんな茶餐廳のメニュー
実は以前にシンガポールビーフン
ご紹介しましたので、
本日は茶餐廳メニュー第2弾となります。

フォーで再現♪牛肉入り香港焼きそば
~干炒牛河~

漢字を見るとの字とか入っていて
一体どんな料理かわからないと思います。

中国の料理名は一定の法則があり、
材料名や食材の切り方、調理法などが
組み合わさってできています。

干炒牛河はどんな料理?

干炒牛河をひも解いていくと、
干炒は、乾煎り(を加えずに炒る)という
汁がない状態のことを指します。

牛肉

は、河粉という幅の広い米麺を指します。

まとめると、干炒牛河は
幅の広い米麺と牛肉を乾煎りした料理
です。

牛肉入り香港焼きそばレシピ

ケンミン食品さんの「一日一レシピ6/26」

に掲載されています。

シンガポールビーフンは
細い直径のビーフンを使っているのですが、

今回のレシピのポイントは、
幅の広い米麵=フォーを使用することです。

もちもちめんフォー | ビーフンのケンミン食品 (kenmin.co.jp)

フォーの麺といったら、
スープ麺を思い浮かべる方が多いと思いますが、
炒めて使っても美味しく召し上がって
いただくことができます。

中華料理は鶏や豚肉を使うことが多いですが、
今回は珍しく牛肉を使っています。
オイスターソースのコクが効いた炒め麺です、

香港が恋しい~という方は、
ぜひおうちで香港気分を味わって下さいね。

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました