食の世界観が”再び”変わった瞬間

中国

ご訪問いただきありがとうございます!

 

2021年春〜秋
オンライン中華料理教室開業
を目指す

元銀行員ぷーあること三村佳代です
 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

******

 

前回まで見逃された方はこちら

↓↓↓

留学1年後に起きたプチ事件

プチ事件1ヶ月後に行った先は…

 

四川に到着して1週間

紅い食べ物🌶

お腹はユルユルという中で


2週間目に突入!

シビ辛の刺激にも大分慣れてきて

お腹の調子も上向きに⤴️

 

見てください本当に紅い物ばっかり!

そしてそんな中

 

あれっ?なんだこの感覚?

 

これまでお腹を痛めて

少し我慢しながら食べていた料理

 

だったのが…

 

ただ辛くてシビレているわけではなく

その中に深みを感じるように!

 

めちゃくちゃ、美味しい!

 

そして


紅くない=辛くない料理が出てくると

 

紅い方が美味しい!

 

ケンタッキーに行っても

 

辣椒粉(唐辛子の粉)下さい!

 

そう!

 

新境地に

足を踏み入れました!

 

あれだけ食べたくない!

もう飽きた!

と思っていた中華を

再び美味しいと思うように!

 

留学して1年で

食の世界観が2も変わるとは!

<参考>食の世界観が変わった日

 

それからというもの

すっかり

麻辣(シビ辛)のトリ

 

杭州に戻ってからも

レストランのレパートリーに

四川料理が加わわりました

 

そして


2007年留学を終え日本に帰国

今でこそスーパーでも

簡単に花椒が手に入りますし

本格的な四川料理を食べることができますが

 

当時はどこに売っているのかもわからないし

本格四川料理を食べられるお店はなさそうだし

 

ということで中国に旅行した時にスーパーで

大量に花椒やら唐辛子やらを買って帰り

自分で再現し始める

ようになりました

 

そうです!

これが私の再現の原点


再現するものが

四川料理が多めな理由も

わかっていただけると思います!

 

これまで作った四川料理をご覧ください

なかなかうまく再現できていると

自分では思っています(自画自賛)


この四川旅行で食べたものと

比較しておりますので是非ご覧ください!

 

◆鶏肉とピーナッツの旨辛炒め

◆ワンタン

◆ジャガイモのビリ辛香り炒め

◆インゲン豆のカリッと炒め

◆麻婆茄子

中華料理も色々ありますが
私の食の世界観を再び変えてくれた
四川料理には本当に感謝!
 
お腹を下してでも帰国前に
激シビ辛火鍋を食べる
日本人留学生の気持ちも
わかるようになりました!
 
ただ辛いだけじゃない!
深みも持ち合わせた四川料理
 

慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが

その魅力に気付いてしまったらもう最後!

その中毒性の高さから定期的に
シビ辛な四川料理が食べたくなることでしょう!
 
さぁ、あなたも新たな境地に
足を踏み入れてみませんか?
 
と書いているそばから
私が食べたくなっちゃいました笑
 
今日も最後までご覧いただき
ありがとうございました
 
また明日!

—–

タイトルとURLをコピーしました