もうすぐ春節、年越し料理「年夜飯」とは?

ご訪問いただきありがとうございます!

 

2021年春〜秋
オンライン中華料理教室開業
を目指す

元銀行員ぷーあること三村佳代です
 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

******

 

あと2週間ちょっとすると

「春節(旧正月)」ですね

 

もうご存知だとは思いますが

中国では旧暦の1月1日を

春節としているので

新暦では春節に当たる日が毎年異なります


ちなみに…


今年は2月12日(金)

が春節に当たります!

 

日本でもお正月は

大晦日年越しそばを食べ

新年になったらおせちを食べて…

という過ごし方をしますよね

 

今日は

中国での春節における

食の大イベント

についてご紹介しますウインク

 

◆春節の過ごし方

年越しの大イベントといえば

大晦日(春節の1日前)の夜に

家族全員集まって食卓を囲む

「年夜飯(ニェンイェファン)

と呼ばれる年越し料理です

 

春節は

中国の方にとっては

1年の中でも1番と言っても過言ではない

大切なイベントです

 

就学や仕事で故郷から

離れたところに住んでいても

この日ばかりは

家族で春節を過ごすために帰省します

 

この時に春節の風物詩

「民族の大移動」が起こります

先ほどニュースで見ましたが

今年は延べ17億人

移動する見込みとのこと!

 

すごい数ですね!

 

例年春節前になると

列車やバス、飛行機などの交通手段の

切符を買うこと自体が難しくなります

 

今年はコロナの影響で

帰省をしなかった人に

現金や商品券などを渡すように

企業側に求めるなど

あの手この手を使って

帰省ラッシュを抑えようとしている

とのことです

 

◆年夜飯に込められた願い

話しは戻って

年越し料理の「年夜飯」ですが


日本でも年越しそば

悪いものを断ち切り、長寿を願い

幸せを呼ぶという願いを込めて食べます


おせちも同様にひとつひとつの料理に

「こうなりますように」

という願いが込められています

 

これは中国も同様です


いくつか例を挙げると…

発音が縁起のいい言葉と似ていることが多いです


・魚:有魚【you yu】→年年有余【niannian youyu】

 毎年余裕のある生活が送れますように

 

・カリフラワー:花菜【hua cai】→発財【fa cai】

・レタス:生菜【sheng cai】→生財【shengcai】

 お金持ちになりますように

 

・ゆば:腐竹【fu zhu】→富足【fuzu】

 豊かになりますように

 

このような願いがこめられた

料理が大晦日の食卓に並びます

 

◆年夜飯にも地域差

以前にも何度も申し上げていますが

中国は広い(日本の25倍の面積)

ので地域差があります

南北で分けるのはナンセンスかもしれませんが

この年夜飯にも違いがあります

 

・北方に欠かせないのは「餃子」

 昔のお金の形を模した形の餃子を食べて

 招財進宝(裕福になりますように)を願います


 また、


 餃子の中に1つだけ硬貨をいれて包み

 その餃子が当たった人は

   1年間幸せに過ごせるという

 お
みくじ餃子を楽しむ家もあります

 

・南方にかかせないのは「尾頭付きの魚」

 と「湯円(タンユェン)」

 先ほどの、年年有余

(毎年余裕のある生活が送れますように)

 湯円は白玉団子で、

 団団円円(一家団欒)という意味があります

 

◆私も年夜飯作ってみた!

中国の家庭料理

「紅焼肉(ホンシャオロゥ)」

という豚肉の醤油煮込み


豚の角煮とはまた違って

中国醤油の「老抽(ラオチョウ)」という

主に色付けに使う醤油を入れるのがポイント!

この料理に込められた願いは

紅紅火火(経済的に余裕ができますように)です

image

 こちらは台湾でよく食べられている

発粿【fa guo】とか発糕【fa gao】という蒸しパン

発財【fa cai】財を成す

高昇【gao sheng】昇進する

 

上に向かって割れている様子

まさに「高昇」という感じがしますよね!

今年はいよいよ開業イヤーなので

しっかり紅紅火火、発財できるようにと作ってみました!


こういう前向きなところが

中華料理が好きなところでもあります笑

 

引き続き、春節まで縁起を担いで

素敵な意味のある年夜飯を

作っていきたいと思っています

またまとめてアップしますね!

 

ということで

中国での春節における

食の大イベント

についてご紹介しました

 

今日も最後までご覧いただき

ありがとうございました

 
また明日!
 

—–

タイトルとURLをコピーしました