ルームメイトはモンゴル人

おはようございます!

 

2021年春〜秋
オンライン中華料理教室開業
を目指す

元銀行員ぷーあるです照れ
 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

******

 

さて

先日、杭州出身のヤンヤンから教わった

黒酢の酢豚を作りました!

<参考>

杭州の家庭料理を習う~前編~

 

少し黒酢餡が少なかったかな?

実はこの酢豚

私にとっては非常に思い出深い料理なんです!

 

2005年9月

中国留学④ゼロからのスタートの翌日

留学生受入窓口で手続きを済ませ

宿舎に案内され

 

そこからは

宿舎の守衛のおっちゃんが

部屋まで案内してくれた

 

🙋‍♂️「ここだよ!」

 

部屋に入るとすでに人が!


🙋‍♂️「モンゴルの子だよ!じゃあ!」


と言って守衛のおっちゃんは去っていった

 

勝手に1人部屋だと思っていた私は

2人部屋は衝撃だった!


しかも


部屋の奥からベッド、勉強机、クローゼットが

左右対称に並んでおり、仕切りなんてない!

 

そしてルームメイトはモンゴル人!

彼女はモンゴルの高校を飛び級で卒業

数学オリンピックでメダルを

獲得したこともある16歳の才女

 

お姉さん2人も中国に留学しており(長春と北京)

彼女もその流れで中国へ

知能的にはすでに高校卒業レベルだが

はまだまだ16歳

情緒不安定なことも多く

実は私もそれに何度も振り回されたことがある笑

 

 

あの日は

すでに夜0時を過ぎていた


私は真っ暗な部屋の中

ベッドで寝ていたのだが


“キュツキュッ”

という奇妙な摩擦音とともに

ビートがきいたこもった音♪

が聞こえてきたびっくり

 


何事かと思って

掛け布団の隙間から

音がする方をちらっと覗いてみると👀

 

ルームメイトが

手にiPodを持ち

イヤホンをして

腕を高く上げて

ノリノリで踊っていた

イメージはこんな感じだろうか笑

“キュツキュッ”の音の正体は

彼女の華麗なステップだった

 

「何をしているの?」

と私は思わず聞いた

 

「ダンスをしているの!」

 

「こんな時間だし、私は寝たいんだけど?」

 

すると彼女は

「私は今踊りたいの!」

 

睡眠VSダンス

お互いの意思がぶつかり合ったプンプン

 

深夜0時を過ぎた夜

どう考えても私は悪くないと思うのだが

彼女は私の態度が気に食わなかったのか

それからしばらく口を聞いてくれ
なくなった笑

 

私は自分に非がないと感じていたので

特に話しかけることはしなかったし

謝る気もなかった笑(←頑固なのかな?笑)

 

約2週間後…

「あの時はごめん!」

と彼女から話しかけてきた

 

そして


仲直りしようと

宿舎の隣の食堂へ

一緒にご飯を食べに行った

 

モンゴルでは肉が主食というくらい

よく肉を食べるらしく🍖

(しかも薄切りとかでなくブロック

 

彼女と食事にいくと

メニューを見ながら

「この料理には肉が入っているの?」

とよく質問され

肉が入っていない料理は注文させてくれなかった

 

そしてその時も

「酢豚」を注文したのを覚えている

しっかりとした肉感がお気に入りだったらしい笑

 

しかも


彼女は肉のみ

すごい勢いで食べ進めていくので

ボーっとしていると

野菜しか残っていないという

惨状が何度かあったので

私も負けじと肉からほおばった

 

そんな彼女との肉争奪戦を

自分で作った黒酢の酢豚

食べながら思い出し懐かしくなったおねがい

 

これからもそんなエピソードも交えながら

みなさんに中華料理を紹介していきたいと思います!

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

また明日流れ星

—–

タイトルとURLをコピーしました