プチ事件1ヶ月後に行った先は…

中国

ご訪問いただきありがとうございます!

 

2021年春〜秋
オンライン中華料理教室開業
を目指す

元銀行員ぷーあること三村佳代です
 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

******

前回まで見逃された方はこちら

↓↓↓

留学1年後に起きたプチ事件

 

昨日のヒント

この風景がどこかお分かりでしょうか?

正解は…

四川省世界遺産にも登録されている
九寨溝(きゅうさいこう)という観光地でした!
 
2006年10月
この九寨溝と黄龍という観光地訪問を主な目的として
友人と2人で上海から寝台列車で四川に向かいました
時間にして40数時間
 
中国の寝台列車は値段の高いソフトベッド(软卧)
値段の安いハード
ベッド(硬卧)
の2種類があります
ソフトベッドは2段、ハードベッドは3段の作りで
ベッドのふかふか具合部屋の作りが違います
 
その当時は学生でお金がなかったので
迷わずハードベッド
 
ハードベッドは
金額は、最下段が最も高く上にいくにつれて安くなり
居住空間の広さは、値段に比例します
 
最下段はベッドに腰かけても
頭をぶつけることはありません
最上段肘をついて横になるのがいっぱい
 
最下段は広いですが
寝ていない時間中段、最上段の人、
はたまたどこの誰かわからない人が
平気で座ってきます

寝ている間貴重品が盗まれる
可能性が高まることを考えると

私は狭くても安心
かつ1番安価な最上段お気に入りでした!
 
車内で売られていたお弁当を購入
意外とそんなに悪くなかったですよ!
40数時間後、四川駅に到着!
四川大学に留学している友人の友人を頼りに
市内へ向かいました
 
無事友人と合流し
夕食に食べたのはこの火鍋

一見普通に見えますが
熱される前は脂の塊だったんですよ!
スープではなく、オイル!

そして恐ろしいことに中をお玉でかき混ぜてみると
唐辛子葡萄の房のような花椒ドッサリ
驚くのはまだ早いですよ!

この激シビ辛火鍋、どうやって食べるかというと…
そのまま食べると刺激が強すぎるので

胃腸のことを考えて
胡麻油につけて
刺激物をコーティングして食べる
というのです! 

オイルオイルを重ねるという
なんとも斬新な食べ方!
 
胡麻油をつけることにより
確かに刺激が緩和される感じはありました
 
でも

注意して食べないと
きくらげのくるっと丸まったところに
花椒の房が隠れており
噛んだ瞬間口の中がビリビリして
熱いのか辛いのか痺れているのかどうなのか
わからない状態になります
 
食事が終わり
四川に留学する友人から
刺激の強さとオイルの大量摂取で
お腹を壊すかもしれないから
これ飲んどいてと
整腸剤を渡されました!
 
えっ、そんなに恐ろしい食べ物だったの⁉︎
とビビりましたが
食べ終わってしまったから
もうこの整腸剤に頼る以外方法がありません笑

友人いわく
四川に留学している日本人は
留学を終えて日本に帰る前には
お腹を壊してでも
必ずこの四川火鍋を食べる
とのこと
 
お腹を壊しても食べたい火鍋
四川に到着したばかりの私には
まだその魅力はわかりませんでした…
 
案の定、翌日
お腹は絶不調
 
それからも
連れて行ってもらう
レストランで食べるものは
基本、紅い色のもの

そして毎日お腹の調子が悪い…
辛い辛い1週間でした
 
今日はここまで!
最後までご覧いただき
ありがとうございました
 
また明日!
 

—–

タイトルとURLをコピーしました