【点心特訓】叉焼包~老麺と闘う~

おはようございます!

 

2021年春~秋に

オンライン中華料理教室開業を目指す

元銀行員ぷーあるですおねがい

 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介


*******


今回は丸亀修行の復習で

“老麺(ろうめん)を使った

「叉焼包」を特訓しました!


この叉焼包のポイント

↓の写真のように

3つにパカっと割って

中の叉焼をチラ見えさせること!

お店ではアンモニアなど強い膨張力で

パカっと割っていることが多いのですが

今回使用するのは天然酵母老麺”

ご機嫌があって少し扱いが難しいんです💦

果たしてうまく割れるのでしょうか?

香港で飲茶した時の写真です♡美味しそうチュー

中国伝統の天然酵母「老麺」

 

うなぎのたれのように

なくなりかけたら継ぎ足して

使用していくイメージです上差し

 

“麺仲(めんちゅう)という麺種

水と小麦粉を入れて練り発酵させると

“老麺”になります


“老麺”は膨張力が強く

叉焼包や肉まんなど

膨らむ生地に適しています◎

 

それを小分けにして冷蔵庫に入れて保存

3日くらいであれば

“老麺”の状態をキープできます



が、

 


4日以上になると“老麺”“麺仲”に変化し

だんだん膨張力が弱くなり

仮に叉焼包を作ったとしても

膨らみが足りない生地になってしまいます

 

私はレッスン直後

その理論を正しく理解しておらず

師匠から分けていただいた“老麺”を培養し

1週間以上以上経った“麺仲”の状態で

叉焼包を作ってしまい

 

「あれっ?割れてない!」

 

という事態に陥りました笑


■“麺仲”で作った叉焼包

 割れてるというより生地が離れてるだけ笑

ということで

リベンジ叉焼包!


まずは前日に

“麺仲”から“老麺”にする工程を実施

 

“麺仲”に小麦粉と水を入れて練って

約2倍になるまで自然発酵

今回は8時間くらい


しっかり練っていきます!

 


出来上がりや


いかに…

■”老麺”で作った叉焼包
蓋開けるまでは割れてるかどうか
わからないドキドキ感💓

そして
蒸籠をオープン
動画を撮影しながら
嬉しさのあまり声が出てしまいました笑

叉焼包出来上がりの瞬間(6秒/音声あり)

チラッと中身の叉焼がのぞいてるではありませんか!

香港で食べた

あの叉焼包にはまだ及びませんが
確実に前進してる!

こうやって失敗をすることで
学んでいくんですね!

今のうちはじゃんじゃん
失敗して学んで
確実に自分のものにしていきたい
感じたぷーあるでしたウインク

今日も最後までご覧いただき
ありがとうございました!

また明日バイバイ

 

 

—–

タイトルとURLをコピーしました