ビーフンをひも解く①入門編

ご訪問いただきありがとうございます!

 

2021年春〜秋
オンライン中華料理教室開業
を目指す

元銀行員ぷーあること三村佳代です
 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

******


先日、

ビーフンを使ったレシピを考案する

という命題を頂き

いきなりレシピ作りに

取り掛かってもいいのですが


まずは素材である

「ビーフンを知ること」

から始めてみようと思い

 

基本的なビーフンの起源やお米の種類

製造方法等については

ケンミン食品さんのHPに既に記載があります

ビーフン とは | ビーフンのケンミン食品 (kenmin.co.jp)

 

が、

 

中国料理研究家として

もう少し中国に絞った形

ビーフン研究をすることにしました!


これから数回に渡って

お付き合いいただけると嬉しいです爆笑

 

今日は第一弾!

入門編ということで

ビーフンの発祥・名前について

主に中国のどこで食べられているのか?

を調べてみました!

 

では、どうぞ!

 

◆ビーフンの発祥・名前について

ビーフンは中国南部発祥

漢字で「米粉」と書き

米から作られた麺です


中国語の標準語では“ミーフェン”と発音しますが

福建省南部、台湾、シンガポールなどで

話される言語である閩南語(びんなんご)では

“ビーフン”と発音されるそうです


が、

 

自分の目や耳で確かめたくて

ネットを探していたら

「米粉」の発音を中国語(標準語)、閩南語、客家語、

日本語、広東語で聞くことができるサイトを見つけました!

 

閩南語と客家語で確かに“ビーフン”

と言っているのが聞き取れましたよ

ご興味のある方は、是非聞いてみてください!

 https://zh.forvo.com/word/米粉/

 

◆北方は小麦麺、南方は米粉麺

中国では、材料によって麺の名前を言い分けています

小麦粉でできた麺:「面(ミェン)」

米   粉でできた麺:「粉(フェン)」

 

中国南部では昔から稲作が盛んだったことから

ビーフンは特に中国南部でよく食べられています!

 

ちょっと見にくいですが

「中国10大米ビーフン」の地は赤枠の省です

意外だったのが、新疆ウイグル自治区!

image

米の生産量と関係があるのか?

と思って少し調べてみました

 

参考に比較出日本の数字も拾ってみましたが

さすが日本の25倍の国土の広さ
を持つ中国!

大体生産量もそれくらいの量になっています

 

中国10大ビーフンの地に入っている

湖南、江西省は米の生産量が多く

それがビーフンになっている割合も高そうですね!

 

先ほど意外だと申し上げた

新疆ウイグル自治区の米の生産量は65.5万㌧で

中国では下から数えた方が早いのですが

日本1位の新潟県より多いのがビックリです!

 

<米の生産量TOP5比較>          

中国全体:21,267万㌧(うち、輸出120万㌧)

日本全体:778万㌧(うち、輸出1.2万㌧)  生産量:万㌧

 

中国

生産量

日本

生産量

黒竜江省

2,819

新潟県

62.8

湖南省

2,740

北海道

51.5

江西省

2,126

秋田県

49.1

湖北省

1,927

山形県

37.4

江蘇省

1,893

宮城県

37.1

中国統計年鑑2018年版

農林水産省「作物統計」2018年版

財務省「貿易統計」

 

これだけ広範囲な地域で食べられているので

ビーフンの食べ方や作り方などは

その地域によって異なります

 

みなさんが想像するビーフンは

乾燥してパリパリになっているものだと思いますが

中国には生麺も存在します

 

また、


ビーフンの太さも太いものから細いものまで

歯ごたえも、しっかりしているものから柔らかいものまで

食べ方も、炒めたり、スープに入れたり、和えたり

も、辛い物からあっさりしたものまで


私たちが想像している以上に

多岐に渡ります!


さぁここから!というところですが

今日はここら辺で…

次回は一体どんなビーフンが食べられているのか?

ご紹介しますね!

 

最後までご覧いただき

ありがとうございましたウインク

 

また明日!

—–

タイトルとURLをコピーしました