甘糀 レシピ – 忙しいはたらく女子にオススメ。賢く手早く、美肌ケアができる甘糀のレシピとは?

発酵

ご訪問いただきありがとうございます!

 

“食べながらキレイに”を叶える

オンライン美・中華料理教室 Éclat Shifu(エクラ シーフ)

を主宰します 三村佳代です

 

初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 

 ********************************

 

 

   甘糀の作り方

これまでのおさらい
◆「糀」の驚くべき健康・美容効果
◆甘糀と甘酒の違い

 

そして先日は、

◆手づくりをおススメしたい理由

『発酵調味料 – 「手づくり」をおススメしたい理由』ご訪問いただきありがとうございます! “食べながらキレイに”を叶えるオンライン美・中華料理教室 Éclat Shifu(エクラ シーフ)を主宰します 三村佳代…リンクameblo.jp

をご紹介しました!

 

今回は

忙しいはたらく女子におススメな

賢く手早く、美肌ケアができる

積極的に摂りたい

 

 

“甘糀”の作り方 

 

 

を特別にお教えしますね!

 

 

甘糀の作り方

 

【材料】

・生糀100g

 ※乾燥糀の場合は、袋の表示通りに水で戻す

     もしくは水を足してください。

 

・水100g

 ※ミネラルウォーター(軟水)がおススメ

 

【道具】

・ヨーグルトメーカー or 炊飯器 

 

・清潔なスプーン

 

【作り方】

1.ヨーグルトメーカーの容器、

もしくは炊飯器のお釜に

糀と水を入れて、清潔なスプーンで混ぜる。

 

2.55~60℃で8時間保温する。

数時間に1回かき混ぜる。

炊飯器は蓋をせず、布巾などで覆い、

「保温モード」にする。

  ※炊飯ボタンでなく保温ボタンを押してね。

炊飯器の場合は、 60℃を超えないように

温度管理をする。

 

3.粗熱が取れたら、保存容器に移し替え

冷蔵庫に保存する。

※冷蔵庫で約1週間、

冷凍庫で約1ヶ月保存可能です。

 

 

甘糀は炊いたお米と一緒に作るのが一般的ですが

私は米麹と水のみの甘糀が味、手間共に好みなので

その手順についてご紹介しました。

 

個人的には炊飯器は、温度管理が難しいと感じます。

お使いの炊飯器によっては60℃を軽く超えてしまう

ものがあったりします。

 

 

直接、釜に糀と水を入れるのもいいですが、

作る量が少ないと干からびてしまうこともあるので

不安な方はこちらの方法をご参考にしてみて下さい。

 

 

今日も最後までご覧いただき
ありがとうございました!

 

◆LINE公式お友だち募集中!

 

こちらをポチッとしていただくと

簡単にお友だち登録ができます♪

 ↓↓↓

友だち追加

&nbsp
;

◆三村 佳代(みむら かよ)SNSまとめ

三村 佳代(みむら かよ) lit.link(リットリンク)

—–

タイトルとURLをコピーしました