宮崎 旅 – ご縁を紡ぐ宮崎旅~後編~

Kのひとりごと

本日は、前回に続いて
宮崎での後半の2日間の
旅の軌跡をご紹介したいと思います。

ご縁を紡ぐ宮崎旅~後編~

“糀の発酵調味料”と”せいろ”で
美味しいとヘルシーを両立
ギルトフリーな中華料理で
食べながらキレイにを叶えたい女性に

オンライン美・中華料理教室Éclat Shifu
主宰の三村 佳代です。

前編を見逃された方は
こちらからご覧ください。

ご縁を繋ぐ宮崎旅~前編~

3日目

さぁ、後半の2日間
どんな素敵な時間を過ごせたのでしょう?

そしてまたまたミラクルが!
最後まで読んでくださいね♪

朝んぽでスタート

すっかり恒例となりつつある
朝んぽから一日がスタート。

前日に紅緒さんから
特等席があることを教えていただいたのです。

ちょっと背の高い椅子と机。
そして宮崎の乳酸菌飲料
ヨーグルッペ
を海を見ながらいただきました。

大阪にもつながっている空と
同じ太陽のはずなのに、
どうしてこんなに違うの~?
と思ってしまいました。

15分くらいの散歩なのに、
心も体も喜び、頭もシャキッ。

今でも写真を見返すと
幸せな気分になります。

電車で宮崎市内へ

ホテルから10分弱歩いた
子供の国駅から宮崎市内に移動。

無人駅&単線。

本当に電車来るのかな?
とドキドキしていたら
ちゃんと時間通り来ました。
よかった◎

そして、たどり着いたのは
ガーデンテラス宮崎

世界的建築家 隈研吾氏により
デザインされた、
デザイナーズホテルです。
かなりモダンな感じ。

私のコンサルの先生である
高橋貴子先生の4冊目の出版記念
パーティーに出席するためにやってきました。

この出会いは偶然?必然?

この出版記念パーティーでも
不思議な出会いがありました。

まず1人目。

「超ビギナーからの諦めない英会話」
のオンラインレッスンをされている
土方(ひじかた)ふみこさん
通称ふーさん。

実は、昨年の今頃
ふーさんから宮崎の元気な
お野菜が届きました。

リアルに会ったことのない私に
どうして送ってくれたんだろう?

その時は不思議に思っていたのですが、
実はこの時から宮崎とのご縁は
始まっていたのかもしれません。

その時のブログはこちら
太陽の恵み!宮崎から元気な野菜たちがやってきた!

2人目。

「宮崎のお片付けサポーター」
小川 文代(おがわ ふみよ)さん。

実は私は前情報で文代さんに
会えるということは
分かっていたのですが、
それを知った時は本当に
ミラクルだと思いました。

なんと、前編でお世話になった
生徒さまの紅緒さんのご親友でした。

友達というレベルではなく、
ご親友とのこと。

こんな偶然あるでしょうか?
世間は狭いという言葉では
片づけらない不思議な出会いでした。

サックスLIVEで感じたこと

私のコンサルの先生、
高橋貴子先生はとても多彩な方。

なんとサックスも吹いちゃいます。
チャペルで豪華な衣装を身にまとって
サックスLIVEですよ!

飛常識な教室集客コンサルタント
その肩書がピッタリだと思いました。

実は、昨年の10月に大阪で
LIVEがあった時にも参加したのですが、
その時はコロナになってから久々に
楽器の「生音」を聞いて鳥肌が立ったのですが、

今回はまたそれとは違う鳥肌の立ち方でした。
音が鳴った瞬間に手の指から体の方に
ゾゾゾと伝わってくる感じ。

音を音として耳で聞くのではなく、
音と振動、両方を体全体で感じた気がしました。

LIVE=生

はもともといいものですが、
コロナ禍になって
それが当り前でなくなり
そういった機会が本当に貴重だと
思うようになりました。

人と実際に会うこともしかりですよね。

まだまだコロナ禍ではありますが、
動くことで得られるものは計り知れない
ということを体感できました。

光の魔術師現る

LIVEの後、
フェリカスピコの佐藤朗先生
写真を撮っていただきました。

コンサルのメンバー全員で
ひとりひとりバラバラでも
一体感のある仕上がり。


そしてこの透明感。
空間、光、構図
やっぱりプロはスゴイ!

まさに光の魔術師現るです。

4日目

あっという間に、
宮崎最終日です。

窓の向こうに広がっていたのは

午前5時、ベッドの上から寝ぼけまなこで
首を左に向けると見えた景色。

このグラデーションと静かな波紋。
思わず飛び起きてしまいました。

最終日の朝にこんな景色を
見せてくるなんて、
宮崎の自然ったら、にくい!

午前6時、時間によって
全く違う表情を見せる宮崎の大自然。

いざ、宮崎観光へ

宮崎メンバーが案内役をしてくださり
夕方まで観光をすることに。

腹が減っては…ができぬということで、
宮崎地鶏をいただきました。
歯ごたえがしっかりある鶏肉でした。

そして、鵜戸神宮(うどじんぐう)
予定では青島神社もスケジュールに
入っていたのですが、
熱中症警報が出ていたので、
スケジュール変更となりました。

太平洋の荒波が打ち寄せる美しい景勝地。
空が青いこと。赤色が映えますね。

女性は右手で願いを込めながら運玉を投げ、
亀石と呼ばれる岩の枡形に入れれば
願いが叶うと言われています。
早速私も挑戦です!

果たして、入ったのか?
こちらの動画をご覧ください。

 

私は、コンサルメンバーが乗る車ではなく、
文代さんとグラフィックデザイナーの陽子さんの
宮崎チームの車に乗せていただきました。

車内で色々な話をしました。
共通点がぽつぽと見えてきて
もうお別れというときには
すっかり仲良くなっていました。

生い立ちや住んでる場所、職業は違えど、
お互い感じるものがあったのだと思います。

また一緒に時間を過ごしたい、そう思いました。

さいごに

この旅で感じたこと。
「積極的に動く大切さ」を感じました。

もちろん、お金も時間も必要ですが、
移動することで、
自分が思っている以上のことを
体験・体感することができました。

特に不思議だったのが、
初対面でもどこか
初対面に感じなかったことです。

非日常を味わい、
心身ともにリフレッシュ。

特に、広い空と海を前にすると
不思議なもので、小さい悩みごとは
どうでもよくなりました笑

この体験ってプライスレス
だと思いませんか?

人の温かさや美しい自然、
不思議なご縁
たった3泊4日ですが、
五感で色々なことを感じ
濃密な時間を過ごすことができました。

そして、改めて感じたこと。

行きたい時に行きたい場所へ行く。
自分の好きな人と仕事をして楽しく稼ぐ。

それを実践されている方は、
輝いているということです。

高橋貴子先生を始め、
コンサルメンバーの先生方は
そんな方が多いです。

私はまだその領域には達していませんが、
実践されている方の近くに
身を置けることに感謝です。

鵜戸神宮の運玉もそうですが、
入ると思えば入る。
入らないと思うと入らない。

意外とそんな簡単な
思い込みから突破する
ものかもしれません。

だから、自分もそうなることができると信じて
先輩方の背中を追っていきたいと思います。

本当に楽しく感慨深い旅になりました。

それもこれも、宮崎のみなさんのおかげです。
貴重な時間を割いて会ってくださり
ありがとうございました。

私自身、宮崎がすっかり気に入って
しまったのでまた行きますね。
その時はよろしくお願いします♪

今回繋がったご縁がさらに
発展していくことを願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました