中国と私、最初の接点〜後編〜

おはようございます!

1年以内に料理教室開業を目指す

アラフォーOLぷーあるですウインク

たくさんある記事の中から

お読みいただきありがとうございます


******


さて今回は

中国と私、最初の接点〜後編〜

をお届けします!ラストです!

少しボリューム多くなってます!あしからず!



前回まではこちら

↓↓↓

中国と私、最初の接点〜前編〜

中国と私、最初の接点〜中編〜



今回の旅の主な目的は

大学で何語を学ぶか?

の参考にするため


香港で働く

外大卒の女性👩‍💼

に話を聞くこと!



ということで

兄の友人である

2人の女性に

日程は別々でしたが

お会いすることができました!


お2人とも

大学では言うまでもなく

中国語を専攻🇨🇳


①Aさん
外務省の専門調査員として香港に派遣された

香港の政治、経済、文化等を調査している

研究の道に進み極めたい



ネットで僭越ながら検索させていただくと

東京大学大学院の准教授になられていましたびっくり

着実に夢を叶えられていますね!


阿古智子氏プロフィール



②Sさん

・香港の貿易会社に就職

広東語をあやつり

 現地の人に交じって仕事をしている

・日本で就職したものの企業文化が合わなかった

・香港では自分が自分らしくいられる


ランチミーティング🍴をしているところに

合流させていただいたので

私と話しながらも

時折同僚の香港人と広東語で会話する姿…




「カッコいい!」




その一言につきました!

また

1842年から1997年までの間

香港はイギリスの植民地でした


1997年7月1日に

香港の主権がイギリスから

中華人民共和国へ返還


いわゆる「香港返還」ですね

私が香港を訪れたのは2000年なので
返還されたのは約3年前のこと

Sさんと兄の
「香港返還の瞬間ってどうやった?」
という内容の会話を聞いているだけで

自分があたかも
歴史的な瞬間に
立ちあったかのような感覚になり 

全身ブワー鳥肌がたちました

これまで感じたことのないこの高揚感!

自分がとんでもないことを経験している
と悟りました!

・自分の夢に向かい✨
・自分らしくいられる
 場所を探し✨


 語学をあやつり

 海外でたくましく働く女性

こんな素晴らしい方々を目の当たりにして


「私もお姉さん達の

 ようになりたい!」


という感情以外湧いてきませんでした!

また

今回の旅の中で

興味を持ったこと

が2つありました爆笑



①全部漢字🀄️

当たり前かもしれませんが

日本では漢字、ひらがな、カタカナ

を使いますが

中国語は全部漢字


例えば

サンドイッチ🥪もこうなっちゃうんです!


三文治

広東語の発音だとサンマンジー


中国本土や台湾では

三明治「サンミンジー」



なんとなく音で当ててる?

けど漢字⁈


めちゃくちゃ斬新✨笑


②多様な食文化パスタ

兄が

現地の人が食べる

 朝食を食べに行こう!


と言ってくれたので

茶餐廳(チャーツァンティン)という場所へ


「日本にはないものやから

 美味しいくないかもしれないで」


との前置きありで

↓のようなマカロニスープのセットを注文しました!


写真は2014年に香港で撮ったものです


右側の料理にご注目!

マカロニスープはコンソメ味ナイフとフォーク



あのですね

このマカロニね

おどろくほど

ふにゃっふにゃ笑い泣き

ここまでクタクタになったマカロニは

正直食べたことはなかったですが


このマカロニスープは

香港のマクドナルドの

朝マックメニュー🍟

にまでなっているくらい

定番の朝食メニュー

なんです!


これが香港人の朝食なんだと思うと

感慨深く

その感情を込めると

なかなか美味しかったです笑ニヤリ



そんなこんなで

五感という五感で

香港を堪能したJKは

世界を股にかける

カッコいいキャリアウーマンになる!

という希望を胸に

外大の中国語専攻

を目指すことに決めたのでした!


もう20年も前のことなのに

結構鮮明に覚えている

自分にビックリ笑

それだけ香港で経験したことが

鮮烈だったという証拠ですね!

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました爆笑


また明日!




—–

タイトルとURLをコピーしました