オンラインレッスンのメリット、デメリットとは?

起業1年目の奮闘

ご訪問いただきありがとうございます!

 

“食べながらキレイに”を叶える

オンライン美・中華料理教室 Éclat Shifu(エクラ シーフ)

を主宰します 三村佳代です

 初めての方はこちら

↓↓↓

自己紹介

 ********************************

 

コロナになるまでは料理教室

対面(オフライン)がほとんどでしたよね!

 

それが昨年2020年ガラッと変わりましたね。

もちろん料理教室だけではなく、

セミナーや就職説明会などもオンラインに

 

私自身も昨年はオンライン・オフライン問わず

色々な料理教室に参加しましたし

今年の5月からはオンラインの中華料理教室を開業し

zoomを使ってレッスンを行っています


対面(オフライン)は対面のよさがあるのですが、

私自身はオンラインがメリットがたくさんあって好きです♪

 

そこでみなさんが気づいていないかもしれない

オンライン料理教室の

メリット、デメリット

についてご紹介したいと思います!

 

メリット

✔︎住んでいる場所は関係ない

  日本でも海外でも◎

✔︎天気は関係ない

 雨でも外に出る必要がない

 暑くても寒くても快適なおうちで受講することができる

服装をそこまで頑張らなくていい

 映るのはせいぜい上半身。下がパジャマでもわからない

✔︎コロナを気にしなくていい

 他の人に移されたら、移したら…と心配する必要がない

 開催されるかどうかどぎまぎしなくていい

 移動時の感染リスクが軽減される

✔︎移動時間が削減でき、時間を有効活用できる

 ここ大事!余裕を持って出たりするから軽く2時間くらい

 削減できる

郵便物や宅急便などを受け取ることができる

 ちょっと「宅急便が…」と言いながら一瞬抜けられる

✔︎体調が悪い時などは見学だけ、

   ビデオ音声オフで聞くだけということも可能

 学びのチャンスを逃さない!

 私自身手を怪我した時、基本見学で一品だけ作りました

✔︎普段使っているキッチン、調理道具で

   作ることができるので次作った時の

   再現率・成功率が高くなる

   これ重要!せっかく習ったものは

 自分のしっかりものにしなくちゃ!

✔︎最初から最後まで自分で調理するので

 身に付きやすい

✔︎最初に材料や必要な道具を調達するから

 復習がすぐできる

 対面(オフライン)だとそこで作って食べて満足してません?

 人間は時間がたつと忘れてしまうもの。

 記憶が新しいうちに復習をすれば成功率も高くなる!

✔︎作った後、家族と一緒に食べることができる

   献立1食分を考えなくていい!とも捉えられる♪

✔︎普段会えない人たちと会うことができる 

 大阪・東京・アメリカ…場所は関係ない!

 

デメリット

✔︎先生が料理している様子を自分の目で直接見れない

✔︎料理の状態(生地の柔らかさなど)を見てもらいにくい

✔︎先生の味が食べられない

✔︎自分の料理が正しいかどうかわからない

✔︎ネット環境を整える必要がある

 

コロナ前なら、ちょっとした贈り物やおもてなしのために

特別なものを作るために料理教室に通っていたという方も

いらっしゃったでしょう

 

でも、コロナ後は外食もままならないので

普段の生活の中で食事を楽しむために、

おうちごはんを充実させたい

という風な流れになってきたと感じます

 

料理教室で学んだことが

その時だけのものではなく

生活の一部に溶け込んでいって欲しい

というのが私の願いです

 

上記のようなメリットから

オンラインの料理教室はとても有効だと考えます

 

作る前に「今からこれ作るのかーちょっとしんどいな」

という拒否感が生まれない

「これ簡単なのに美味しいんだよね~♪」と

ルンルンでご飯作りに取り組めるような

メニュー作りに現在取組中です!

 

さて、どんなのが出来上がるか、お楽しみに♡



◆秋のシーズンレッスン(単発)のお知らせ

本日7月17日(土)19時半

サイトをオープンします♪

時間になったらリットリンクから

下記の写真をクリックして

詳細を確認・申込してくださいね!

三村 佳代(みむら かよ) lit.link(リットリンク)

—–

タイトルとURLをコピーしました