ごま油 おすすめ – 香りがいい国産ごま油~坂本製油/純ごま油~

調味料

 中華料理では焼売や餃子などの餡作りの最後に、

タレ作りにごま油を使うことがよくあるのですが

香りがいいモノでないと

入れている意味がない!

と私勝手に思っています。

 

それでいくつか試してみましたが、

香りがあんまりなかったり…

これだー!という香りのものに

出会えずにいました

 

そんな時に

 

Clubhouseの発酵ルームで知り合いになった方と

糀のお話から美味しい調味料の話で盛り上がり

おすすめの「ごま油」を教えていただきました!

熊本県に本社がある会社さん

有限会社 坂本製油 (sakamotoseiyu.jp)

 

その知り合いになった方のお話だと

こちらで使われるゴマやナタネは、

こちらの精油メーカーさんのご近所で取れるものと、

輸入のものを混ぜて使われるそうです。

国内の製油メーカーは、機械の関係でどんどん

閉めてしまわれるところも多いそうですすが、

修理しながら頑張っておられるということでした。

 

確かにHPを拝見すると
古式圧搾搾りという手法で、

小人数でも昔ながらのやり方を

すべて手作業で行っております

との記載が。

 

こういういいものを昔ながらの方法で作られている

会社さんを応援したいと思ってしまいます

 

Amazonで購入できるということなので早速ポチりました!

Amazonで注文すると早く届くので嬉しいですね。

 

坂本製油 純ごま油 四合瓶 660g
Amazon(アマゾン)
1,728円

 

 

 

 

そして、やってきました!

この昔ながらのデザインがイイですよね!

1本1本手作業で瓶詰、ラベル張り

をされていると思うとなんだか心が温まります。

 

◆香り比較

さぁ、早速蓋を開けて香りをかいでみましょう!

その前に、いつも使っている胡麻油の香りをかいでみました!

おなじみのか○やさんのものです。

「ガツン」と鼻に香りが飛び込んでくる感じ!

 

はい、こちらの坂本製油さんのごま油は…

ふわっと上品な香りがゆらゆらと上がってくる感じ!

 

◆色比較

あまり変わりはないですね

 

◆味比較

いつものごま油は後味に苦みがありましたが、

坂本製油さんのごま油には苦味はなく

むしろスッキリ感がありました

 

これを9月の美・中華コースの

鶏肉飯のタレに混ぜてみたら…

 

「バカウマー!」

 

ごま油を入れなくても美味しいタレなのですが

このごま油を少したらすだけでタレが格上げされました!

 

これは素晴らしい!

料理が一層美味しくなって嬉しい♡

 

でも、一つ気を付けていただきたいことが!

油は加熱していくと

発煙を始める温度つまり発煙点があります

これを“スポークポイント”といいます。

油の種類、油の精製度合によって

スモークポイントが異なります

精製されていない油の方がスモークポイントが低く

油の酸化が進むとスモークポイントが低くなる

傾向にあります。

 

無精製のごま油のスモークポイントは177℃

 

なので、餃子等を焼くときに最初に使ってしまうと

発煙し、焦げ臭くなってしまう可能性があります。

 

ですので、美味しく餃子を焼くコツとしては

最初はスモークポイントが高いこめ油やサラダ油などを使い

仕上げの時にごま油を使うと

香り高い餃子が焼きあがりますよ!

 

今お使いの「ごま油」に満足していない方

おいしい「ごま油」を探されている方は

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました